読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泡沫のユメ

どこからでも読める金太郎飴みたいな短編小説書いていきます

女も度胸

小説

女は愛嬌、って誰が言い出したんだろう。

そんなものあたしには無縁の言葉だ。何で面白くもないのに笑って媚を売ってご機嫌取りをしなければならないんだろう?無駄に神経を削って疲れるだけだ。それがイヤだからあたしは素直に生きる。仮にそれで距離を置かれたとしても、そこまでの人だったというまで。

そんなことを、目の前で楽しそうに話しながら登校している生徒たちを見て考えていた。

 

「石井おっはよー!」

 

ポンと肩を叩かれる。聞きなれたこの声は振り返らなくてもわかる、友達の浦田だ。クールとよく言われるあたしに付き合ってくれる数少ない一人。あたしと違って喜怒哀楽くるくると表情が変わる子だ。正直羨ましいと思う気持ちはあるものの、真似できない。

 

「おはよう浦田。今日もうるさいね」

「朝からひどいなーもっとテンション上げてこ!」

 

学校へ向かう前からそんなにテンション高い人いないでしょ、と心の中で突っ込んだ。

 

1限目はホームルームで、体育祭に誰がどの種目に出場するのかを決める時間だった。先生が黒板に障害物競走、借り物競争、50メートルリレー、四人五脚、綱引きなどの種目を書いておき、この種目に参加したい人、と順番に聞いていくので、皆が次々挙手して決まっていった。そうしてどれもやりたくない人、やりたい種目があったもののじゃんけん負けした人、特に何も考えていなかった人などが残った。その数約5人、あたしもその中に入る。浦田も。

 

「俺なんでもいーわ」

 

気だるげに話しているのは、顔が怖い男子として第一印象最悪の三ツ原だ。もちろん顔が怖いだけであって話す分には特に問題はないのだが、一部の人からは恐れられているらしい。

 

「私も何でもいいよー」

「足遅いからリレー以外ならいいかな」

「僕も余った種目でいいけど、決まらないね。どうしようか」

 

三ツ原に続いて皆何でもいいと言い出す。あたしだって何でもいい、でもこれだとキリがない。今の段階で残っている種目はリレー3枠、四人五脚2枠となっている。

 

「三ツ原は運動部で足も速かったよね、だからリレーのアンカーでいい?浦田と鬼柳は走るの苦手だし四人五脚のメンバーとも仲が良いからそっちで。残りがリレーでどう?」

「おー!石井の適当にみえて的確な推理いいねぇ!」

「浦田、推理というか意見ね」

「全然いいよ!ありがとう決めてくれて」

 

どの種目にしようとうだうだ悩むのがめんどくさかったので、勝ちにいく方向で誰がどれに適しているか考えてみたことを口にしてみたら、案外受け入れてもらえたようだ。じゃあこのまま異論がなければ先生に伝えようと思った矢先。

 

「リレーはいいけどよ、アンカーは石井がやるんだよな?」

「は?なんで」

「だって俺アンカーばっかしてきてっからたまには他のがやりてーわけ」

 「先言ってくれる」

「つーかお前も足速いんだから変われよ」 

「無理。先生ー決まりましたー」

「おい!」

 

あたしと三ツ原との会話に、浦田を筆頭にクラス全体から笑いが起こる。 別にウケを狙ったわけではないんだけど、浦田が笑うと周りも笑う。本当に羨ましいな、この子のこういう性格は。

 

「ぷっ!石井と三ツ原くんコントみたいだね。ずっと見てたいぐらい」

「浦田は黙っとけ」

「ヒィッごめんなさいごめんなさい」

 

でもあたしはあたしにあるものを持っていると思うから、自分に満足してる。飄々として悩みがなさそうだって言われるけど、そう言われることにハァ?ふざけんなと思う。実際は人並みにたくさん悩んでいるし、怒るし、涙を流すし、笑いもする。素直に生きてることを楽に感じても、それはそれで大変なことがある。でも今がこんなに楽しいのだから、後悔なんてするわけがなかった。

 

そうしてあたしは、リレーのアンカーを書く欄にサラッと三ツ原の名前を書いた。後ろから聞こえる怒声は一切無視して。