読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泡沫のユメ

どこからでも読める金太郎飴みたいな短編小説書いていきます

クリスマス前に変な人に絡まれる話

賑やかな雑踏から扉一つ隔てて、レトロなメロディが流れる喫茶店。その落ち着いた雰囲気の中、テーブルはほぼ満室になっていた。肌寒い季節の夕刻18時すぎ、家族連れやカップルなどが談笑している姿がちらほらと見える。私はエビたっぷりグラタンを一つ注文してから、ふうと一息ついて辺りを見回した。さすがに時間が時間だけあって人が多い。

 

「(この時期に一人で来るのはまずったな)」

 

年末の一大イベント、クリスマスを控えたある日。一人でいるのが浮いてしまうほどに、周囲には楽しそうに話している人が大勢いる。大勢の中に自分一人がぽつんといるとどうにも孤立を感じてしまうからいけない。でも見たかった映画を見るチャンスはもう今日しかないのだ。今までにも見る機会はたくさんあったのだが、出かけるのが面倒くさいと理由をつけて先延ばしにしていたのがいけなかった。こんなに一人でいづらい時期に一人で映画を見に来るとはなんの罰だろう。しかも上映まで1時間と少しある。ひまだ。

話し相手もおらず注文したグラタンが来るまで手持ち無沙汰なので、水をすすりながらぼんやりと前を俯きがちに見てみた。客層でいうと幅広く老若男女揃っていたが、ちょうど前のテーブルには夕食を済ませたらしい同年代くらいの男性が紅茶だかコーヒーだかを一人で飲んでいた。もしかしてあの人も一人で来ているのだろうか?まさかの仲間に少しだけ勇気づけられたとともに嬉しくなったそのとき、

「…!」

と、その視線に気付いたのか男性とばっちり目が合う。思わず目をそらし慌てて携帯を触るが、完全に遅かった。

 

「こんにちは。ご一緒していいですか?」

 

不意に頭上から降ってきた聞き覚えのない声にフリーズする。もしかして…さっき目が合った人が来た?そう思い目の前のテーブルをちらりと盗み見ると、椅子に座っていたはずの人がいなかった。その代わりに先ほど目が合った男性が、私の向かいの椅子を引いて今にも座ろうとしていた。なんだこれ?ナンパ?

 

「え、あの」 

「え、都合悪いですか?」

「(そう言われるとなんか断りにくい)いやー…そういうわけでは」

「良かった。じゃあ遠慮なくお邪魔するね。あ、俺シャルルって言います」

「はあ…(ちょっとは遠慮しろよ)」

 

一人でいることに不安や緊張はあったものの、見知らぬ人といるなんてより一層緊張するからイヤだというのに、全くその聞き方はずるい。この人こういうこと慣れてるんじゃないか?その証拠に人懐こそうな笑顔を浮かべて、さらっと敬語を外してくる。やっべえな、まずい人と関わってしまったのかもしれない。

 

「そんなイヤそうな顔しないでよ」

「そりゃイヤですよ。知らない人急に来たら」

「その知らない人をじろじろ見てたのに?」

「なっ見てないですよ!ヒマだったからなんとなーく前を見たら目に入っただけです、人を変態みたいに言わないでもらえますか!」

 

そっかごめんごめん、と彼は微笑んだ。一瞬かっこいいと思っていた自分を殴りたい。確かに笑顔は人形みたいに整ってるけどさ。苛立ちに任せてがばがばと水を飲んでいたらもうグラスはほぼ空になってしまった。

 

「今日はどうしてここに?」

「…聞いてどうするんですか?」

「あはは、警戒心剥き出しだね。別にどうもしないって。せっかくの縁なんだし、ちょっとだけ話付き合ってくれないかな?」

「(めんどくさい。お腹空いた)」

「あ、俺はたまたま仕事が早く終わったから映画でも見ようかなーと思って来ただけでさ。ほら、好きな人と仕事でバディ組んで色んなトラブルを解決するみたいなやつ。CMでよく見ない?」

「(グラタン早くこないかな)」

 

 ビジュアルが良くても馴れ馴れしい性格だとぶち壊しだな、と思いながら聞こえてくる話は右から左へ。近くを通る女性店員が恥じらいながらちらちらとこの面倒くさ野郎を見ているが、絶対にやめとけよ。苦労するぞ、色んな意味で。

 

「なるほどね。だからお兄さんは好きな人とトラブったから、それを解決するために仕事でバディを組んだと」

「俺の話聞いてた?」

 

聞いてません。と答える代わりに、視線をずらして窓の外を見ると、木の周りをイルミネーションが華やかに飾っており、人々は寒そうにコートやマフラー、ストールなどに包まれながら身体を縮こまらせていた。中にはミニスカートをはいている女子もいて、見ているだけでも寒くなってきた。 

 

「…お姉さん?」 

「(グラタンって焼くの時間かかるしな、時間かかるのはしょうがないけど、早くしてくれないと困るよね、色々)」 

「おーい、聞こえてる?お姉さんってばー」

「(あー早くグラタン食べて暖まりたい)」

「あ、注文したやつきたよ」

「グラタンきた!?」

「そこは聞こえてたんだ」

 

チーズの焼けた香りとともにやってきた店員さんが、熱いのでお気をつけくださいと言いながらあっつあつのグラタンと伝票を置いて去っていった。ついにご飯が食べれる!と思った私はフォーク片手にがっついた。食事中だけは静かだね、と家族や友達から定評のある私が、お向かいさんの話を聞くかどうかなんて結果は決まっていた。

 

「俺の話どうしたら聞いてくれるかなぁ」

「…(もぐもぐ)」

「それかお姉さんの話が聞きたいんだけど。だめ?」 

「…(もぐもぐ)」

「…」

「…」

「もう…わかったよ。 コーヒーブレイクも済んだことだし帰るね」

「ふぁい」

「…ごめんね、急に押しかけて。後でお詫びはさせてもらうよ」

「おあいってなんれふか」

「……食べてるときに話かけた俺が悪かったよ。少しだけど付き合ってくれてありがとうね」

 

彼はバチッとウインクをしながら(懲りないな)、ここのグラタンは美味しいから味わって食べるんだよと捨て台詞を残して会計へ歩いて行った。 オカンかよ。確かに美味しいけど。

そもそも、なんだか常連のような物言いだな、ということをぼんやりと考えて、フォークを持つ手が止まってしまっていたことに気付く。

 

 「(まあいいか)」

 

それにしてもかっこ良いなりに変な人だったな。あれはナンパだったのか?寂しがりな人だったのか?自問自答してみても答えなど知るよしもなかった。少し可哀想なことをしたような気もするが、いかんせん関わるのが面倒くさかったので致し方あるまい。

まあ、ちょっと面白い人ではあったけれども。

 

 

「お待たせ致しました、プリンアラモードでございます」

 

グラタンがあと数口で食べ終わるというころという丁度良いタイミングで、店員さんがデザートを持ってきた。いや待て。

 

「え、頼んでませんよ」

「先ほど男性のお客様から、お詫びにとのことで注文を受けましたので…」

「私の前のところに座ってた人ですか?」

「?はい、そうですよ」

「…」

「ごゆっくりどうぞ~」

 

ちょっと面白いとかいうのは前言撤回するとしよう。

 

やっぱりあの人、めんどくさい。