読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

泡沫のユメ

どこからでも読める金太郎飴みたいな短編小説書いていきます

ミッション1、情報を集めろ

小説

「立花先生」

「はい、なんでしょう」

「先生は好きな人いるんですか?」

「…質問が急ですね」

「…あ、ごめんなさい。見ず知らずの生徒に急にそんな質問をされても困りますよね。あたし石井って言います。3年3組の」

「3年3組?ということは確か私の担当クラスではないですね」

「そうですね、はじめましてですけど、先生が生徒から結構好かれてるって噂はかねがね伺ってます」

「ほう?そんな噂は初耳ですが…」

「だから先生は好きな人いるのかちょっと気になって。単純な好奇心です」

「好きな人、ねえ…まあ、なんと言いますか。そもそも私には妻と子どもがいますから、他に好きな人はいませんね」

「妻子持ちでしたか…」

「ええ。それがなにか?意外でしたか?」

「意外というか、そうだろうなとは思ってました」

「?」

「もう一つ質問したいんですけど…最近、何か感じませんか?学校で違和感みたいなのとか…ありません?」

「違和感ですか?……うーん」

「…」

「特に、ないですね」

「ないですか」

「ないです。…何かあるんですか?」

「いえありません、何も」

「ありませんか」

「はい」

「それなら良いんですが」

「……そう、ですね」

「?」

「先生は浦田って知ってます?」

「ウラタさん?さあ、申し訳ないですが存じ上げませんね」

「あたしの友達なんですけど、温かくて可愛くていい奴なんですよ。だけど友達の少ない寂しい子だから、今度会ったら良くしてやってください」

「面識がないので何とも言えませんけど、先生としては生徒と関わる機会が増えるのは嬉しい限りですよ。きっと良い子なんでしょうね。こちらからよろしくしたいくらいです」

「……浦田が好きになるのもわかりますね。優しいひと」

「え?何か言いました?」

「何でもないです!じゃあ先生、またそのときはよろしくお願いしますね」

 

「石井、先生となにはなじでだの…」

「何話してたって、あんたが先生に探り入れろって言ったんでしょ。それ以外何もしてないよ、浦田」

「だってぇ…先生と石井が楽しそうにしてるのを見るとこう、もやもやして…2人に嫉妬しちゃう」

「…たまにあんたが可愛いって思うわ」

「可愛かったら物影から先生をガン見したり、先生の後うろちょろしたりしません~」 

「大丈夫!先生あんたのこと全く眼中にないから」

「石井さん!?サラッと爆弾発言するのやめませんか!?」

「ま。ちょっと話すぐらいならいいんじゃない」

「他人事だと思ってテキトーなこと言う~~本気だからね私は!」

「はいはい」